大ざっぱな山ある記 ~ 母さん、再び山へ!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

烏帽子岳・大将軍(山口県周南市・旧熊毛地区)  

2013年1月30日

暖かいしお天気も良さそうだったので、近場の山に行ってきました。
いつもは八代登山口から30分のコースを歩くのですが、
今日は気合を入れて正連寺登山口からの、登り約80分のコースを歩きました。

IMGP1798.jpg

この山の道は手入れが行き届いており、
ファミリーでも歩きやすいと思います。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: 山口県の山

tb: --   cm: 2

寒いぞ。  

この週末は、山口県東部瀬戸内沿岸部でも風が強くて寒かったです。
土曜日、恐羅漢スキー場に行った夫ですが、
吹雪ですごく寒かったとのことです。

リフト最終地点から山頂まで数人登ってる
スキーヤーがちらほらいたそうですが、
積もった雪も舞い上がって真っ白で見えないのでは?と
心配していました。

スキー場に行く夫を待ってるだけでもやはり心配。
雪山を歩く私。心配かけてるんだろうなあ。
安全を心がけて。。。

category: つぶやき

tb: --   cm: 2

雪山講習会~北広島町・八幡高原  

先日、雪山の初歩講習を受けてきました。
雪道をワカン・ツボ足で歩いてチームでのラッセルの仕方など、
歩き方としてはホントに初歩的なことだったのですけど・・・。

近くの安佐山での作業員の疲労凍死の件もあり、
「いかにしてもしもの場合の雪山で一晩を過ごすか」という課題となり、
緊急の判断の仕方なども含め、お話を聞くことが出来ました。

ツェルトを使う機会は今のところないのですが、
再確認も含めて勉強になりました。

IMGP1673.jpg

風が吹くと寒いのですが、ツェルト一枚あるだけで温かく。
講師曰く「この中で4人が一晩ビバークしても死ぬ気がしないだろう」と・・・。
それくらい、外気との気温差が大きく暖かかったです。

それと今回初めて体験したのが、
↓の、ザックとツェルトを使っての、雪が少な目な所での雪洞の作り方。

IMGP1677.jpg

改めていろいろ勉強になりました。
やはり、講習って大切だなあと改めて感じました。

・・・ん~、でも、雪山に早く登りたくなりました。




category: 広島県の山

tb: --   cm: 4

登山始めは安芸の宮島  

新年最初の日曜日は、広島県のいろいろな山岳会の方々は
宮島・弥山に登って新年会!ってところが多いそうです。

今回は体調にも不安があったので、単独で自分のペースで登ってきました。

IMGP1651.jpg

お天気も良く、半袖で登るふくよかなオジサマもちらほらいました
-- 続きを読む --

category: 広島県の山

tb: --   cm: 5

今年もよろしくお願い申し上げます  

昨年末は仕事が忙しく、ブログどころか
家事も育児もままならず、そして自分への労りすらできず、
数少ないブログ繋がりの方々への訪問もおろそかにしてしまい
申し訳ない気持ちで一杯です。

今年はどんな年になるかな?

本年もよろしくお願い申し上げます。

IMGP1493.jpg

category: 自己紹介

tb: --   cm: 6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。