大ざっぱな山ある記 ~ 母さん、再び山へ!

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

吾妻山~比婆山山系(広島県)  

10月17日(日)

秋晴れの空の下、吾妻山~大膳原~比婆山を歩きました。

IMGP0483.jpg

比婆山方面から吾妻山へは、雪の季節に一度歩いただけです。(記事リンク
吾妻山方面から比婆を目差すのは初めて。
秋の大膳原も数年ぶり。最後の山野草との逢瀬?を楽しんできました。

池の原では、ウメバチソウがまだ元気にたくさん咲いていました。

IMG_1157.jpg

写真を撮りながらのんびりと吾妻山まで・・・。

IMGP0488.jpg
  ↑ 吾妻山山頂から大膳原・烏帽子山(左)・御陵(右)

すぐ大膳原へ下りました。
ススキの穂は白く開いていましたが、お日様の光でキラキラ輝いています
登山道のすぐ側を、リンドウがたくさん咲いていました。

IMGP0510.jpg

アキノキリンソウ・○○フウロ・ヤマラッキョウ・センブリ・カワラナデシコ・ウメバチソウらも
まだ咲いていましたが、もう元気がありません・・・。

烏帽子山への登りはけっこーしんどいですね
ゆっくり休憩しながら・・・。
烏帽子山~御陵~池の段まで、比婆ならではの深深とした雰囲気を楽しみながら歩きました。
池の段ではツツジ系の木でしょうか?赤みが素晴らしいものがたくさんありました。

IMG_1178.jpg

やはり休憩するなら御陵より池の段ですね。

IMG_1181.jpg
     ↑ 池の段から立烏帽子山方面

IMG_1179.jpg
     ↑ 同じく御陵


御陵を下るまでは同じ道を引き返し、途中から大膳原へ分かれ道を下りました。
この頃から、大腿部の筋肉がつるような痛みが出始めました
何とか痛みも落ち着いたので良かったのですが、ちょっと怖かったです・・・。

朝の空気とはまた違った雰囲気で吾妻山を見ることができました。

IMGP0552.jpg

大膳原から南の原へ向かいました。
もうそんな急な登りはありませんが、下半身が弱ってしまい心が折れる・・・。
まだかまだかと思いながら、最後までリンドウが励ましてくれました。
14時あたりを過ぎた山の中ってちょっと寂しく感じます。
だから単独では朝早くから登ってしまう自分です・・・。


たくさんの人とすれ違った山行でした。いい季節ですもんね!


(おおまかなコースタイム)  写真撮りながらですので参考にはなりません

   池の原 (40分) 吾妻山 (50分)大膳原・馬木分かれ (30分) 
   烏帽子山(20分) 御陵 (45分) 池の段 (昼食)(70分)
   大膳原・馬木分かれ (60分) 南の原 


  

category: 2010年まで~広島の山

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。